The Sakae Times

失ったものを嘆いているより、
“今在るもの”を大切にしたい。

コロナ禍で、家庭が、仕事が、人の和が、痛手を負って、
くるしいことも多かった。
けれど、もう一度自分のまわりをしっかりと見つめたい。
持っているもの、支えられていることに、改めて気づく。
前を向いていよう。ありのままの今この時を大切にして。

お知らせ

2022年5月20日 「設置・配布場所」が増えました。

2022年2月2日 中日新聞の市民版に掲載されました。

2021年7月13日 中部経済新聞に掲載されました。

コンテンツ一覧

【第4号6/1発行】全ページを読む

グルメ&お出かけプレゼント

プレゼントの詳細を確認する

The Sakae Times
[サカエ・タイムズ]について

名称は「サカエ」ですが、栄だけでなく(NY Timesが
NYのことしか伝えない訳ではないのと同様に)、
栄・名古屋・愛知のディープな情報への扉を開く
フリー媒体です。
時々、三重や岐阜の話題もフォーカスします。

豊饒な歴史と文化をもつこの地域。
都心の情報に加えて、中広域の観光の愉しみや、
「ものづくり」「医療」「大学」など、
インテリジェントなテーマでエリア特性を語ります。

そして、「スマホでも読める」ネット連携型紙媒体。
全ての記事と広告から、QRコードを介して最新情報へ。

今は、コロナ禍の真っただ中。だからこそ、
知りたい情報、元気になれる情報、未来への希望を
共有したいと考えています。